新築一戸建ての購入がおすすめな理由とは

一戸建て住宅を購入する際に、新築一戸建ては高額な費用がかかると思い、中古住宅を選択されるかたも少なくありません。 たしかに、中古であればある程度購入価格は安くなるでしょう。 しかし、住宅の寿命は約30年程度と言われているため、長期に住み続けるためには定期的な修繕が必須となってしまいます。 仮に30年住み続けたいと思った場合、築10年の中古住宅を購入してしまうと、修繕を定期的に繰り返さなければ20年程度しか住めなくなることになります。 その修繕費用は決して安くないため、トータルコストを考えると新築住宅を購入する方が安くなる可能性が高いといえます。 また、新築一戸建てであれば最新の設備や工法が採用されているため、機密性や断熱性が高く、省エネルギーな設備が備わっているなど光熱費などのランニングコストを浮かすことが可能となります。 そしてなによりも、新しい住宅で新生活をはじめられるという満足感などは中古住宅では決して味わくことができないこともとても大きいでしょう。 購入費用の懸念に関しては、住宅ローンの金利が非常に安いことから金利負担が少なく利用しやすいのが現状のため、その敷居は低いといえます。 住宅費用はある程度は必須となる費用のため、すこしでもお得に利用できるものを選択するのが重要です。

Copyright ©All rights reserved.ライフスタイルと新築一戸建て購入.